A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.


2007 年 11 月 30 日 (金) | Category: 讃岐うどん修行 | Leave a comment

うどん修行の旅5 七軒目 こんぴらうどん工場店

udon5_016.jpgかなりあたりも暗くなりかけて来ました。
本日最後のうどん店「こんぴらうどん工場店」です。
以前、こんぴらさんへの参道沿いにある、「参道店」でコシのある麺とのど越しにみんなで感動した記憶が脳裏に鮮明に焼きついており、そのうどんを作っているのなら・・・と期待も膨らみます。
店に入ると、お客はまったくなしで、原材料高騰のため、11月より130円に値上する旨の張り紙が。
「こんぴらうどん」よ、おまえもかと言う感じです。
まあ、気を取り直して、小を1玉注文し、醤油をかけて食べようと思ったら・・・
う~んん、なんじゃコリャ!
かすかに腰のあった形跡がありますが、茹で上げてだいぶ経ったと思われる麺は、ぼそぼそでなんとも哀しい結末です。
いくらオフ期の夕方だからと言っても、おいしいうどんを出して欲しいとおもいます。
麺がおいしいのは実証済みなんですから・・・
★☆☆☆☆(★一つ)11/16

2007 年 11 月 29 日 (木) | Category: 讃岐うどん修行 | Leave a comment

うどん修行の旅5 六軒目 ジャンボうどん高木

udon5_015.jpgudon5_013.jpg
ちょっとひと悶着あったおかげで、腹もこなれて、午後の部に突入です。
しかし、いきなり「ジャンボうどん」!
しかし、小を頼めば普通のうどんや、釜あげうどんがうりとのことで釜あげ小(250円)を注文。
こちらで、特大(550円・四玉半)を2杯目20分、3杯目1時間以内で食べると、それぞれ無料、一年間無料となるシステムがあり、成功者の雄たけびが書いてある紙が壁に貼ってあります。
さすがに、先があるので試そうとは思いませんでしたが・・・
肝心のうどんですが、だしはあっさりしていておいしかったのですが、やはり消化しきってない胃の中に釜あげをぶち込むと、ちょっとうっときて、おいしさ半減でした。
麺はそんなに悪くなかったのですが・・・

2007 年 11 月 28 日 (水) | Category: 讃岐うどん修行 | Leave a comment

うどん修行の旅5 おばあちゃんが・・・

5杯のうどん+天ぷらが胃の中に入り少々苦しくなったので、ここらで腹ごなしをするために、丸亀城の天守閣をめざすことに・・・
しかし、このお城は大層なところに立っています。
とにかく、坂の傾斜がきつい。
山登りハイキングでもここまできつい坂はなかなかないんじゃないんでしょうか?
道幅が広いので、車でも上がっていけるのですが、昔だったらここで働いている人はかなりきつかったのではないでしょうか?
平日なので、人もまばらな天守閣を見学後、駐車場に戻ろうと歩いていると・・・
突然、前を歩いているおばあちゃんが、ころんで動けなくなりました!

Continue reading うどん修行の旅5 おばあちゃんが・・・

2007 年 11 月 27 日 (火) | Category: 讃岐うどん修行 | Leave a comment

うどん修行の旅5 五軒目 そびえたつ海老天 おか泉

udon5_010.jpgudon5_011.jpg
腹の中にうどんが4杯も入り、そろそろ黄色信号がともりそうな気配を感じつつ、午前の部最後の「おか泉」へ・・・
このお店「かな泉(いずみ)」というお店で修行したあと、店を開いたみたいなのですが、お店の読みは「おかせん」。
どうでも、良いのですが気になります。
それはさておき、こちらの名物「冷天おろし892円也」を注文。
今まで食べた讃岐うどんの中で最も高価なうどんです。
写真の通り、名古屋城のしゃちほこのような海老天が二本も!
その他にサツマイモ天や野菜天が・・・・
これは覚悟して食べなけれないけない!
ところが食べてみてビックリ。
しっぽから三分の一は、衣だった!!
これは、油っぽくていかん。
メンはコシがあって、おいしいのですが、天ぷらが残念。
次回からは、ぶっかけがちょうどいいかもしれません。
ただし、こちらの店「MYはし」キャンペーンを実施していて、申請するとお会計の時に、おみやげうどん3人前をいただけます!
これは、満足。
非常にお得感が大きいです。

2007 年 11 月 27 日 (火) | Category: 讃岐うどん修行 | Leave a comment

うどん修行の旅5 四軒目 リベンジなるか? なかむら

udon5_008.jpgudon5_009.jpg
前回といっても第一回の時に食べたとき,かけ出汁が妙に薄くて、麺もコシが足らないのではと疑心暗鬼になっていて、いつか本当のなかむらうどんを食べて名誉挽回をさせなくてはと思っていたのですが、やったこの度、かの地に参りました。
今回は冷かけにせずに、醤油うどんで直球勝負。
こちらも残念ながら100円から150円へ値上げです。
恐る恐る食べてみると・・・・
やはり、旨い!
あごにガツンとくるコシはないもの、つるつるとのどを駆け抜けていくのど越し、これが、こちらの麺の身上でしょう。
修行五回目にして、この麺のすばらしさがわかりました。
がっつん系の男麺に対し、こちらの面はやさしいのど越し女麺の代表格かと・・・
★★★★★(11/16)

2007 年 11 月 27 日 (火) | Category: 讃岐うどん修行 | Leave a comment

うどん修行の旅5 三軒目 小麦粉値上のあおりで・・・田村

udon5_007.jpgudon5_006.jpg
空港近くのS級店舗で忘れてはいけないのが「田村」。
なんの変哲もない店構えで、特別なメニューがあるわけでもない。
おじさんも「大きさは?ぬくいのがよければ、そこのお湯でぬくめて」とボソッと言うだけで、非常に地味。
しかし、うどんは、三本の指に入る旨さ!
コシとのど越しとを兼ね備えためんは、是非醤油だけをかけて味わいたい!
しかし、前回来た時は一玉100円だったうどんが、今回は150円になっていた。
ガソリンとうどんの値上により、うどん修行もやりにくくなって参りました。(11/16)

2007 年 11 月 25 日 (日) | Category: 讃岐うどん修行 | Leave a comment

うどん修行の旅5 二軒目 山越うどんはうまかった・・・

udon5_003.jpgお次は、山越うどんへ、空港から近くて一番おいしいという座は、池上の登場で奪われてしまった感がありますが、こちらも三本の指に入ると思います。
池上に行った関係でちょっと遅く現地に着いたため、手前の駐車場は満車で奥へと止めたら、こちらの坊やがお出迎えです。
夜二人っきりになったらちょっと怖いです。

udon5_004.jpgそれはさておき、お店の前まで到着、今回は気になっていた山かけうどんを食べてみることに。
以前ほど並ぶことはなくなったのですが、まつこと数分、おばちゃんに「なににすんの?冷たい?あったかい?」といわれる場所に到着して、迷わず「山かけ、冷や、小、三つ」と、うどん部員三人分まとめてオーダー。

udon5_005.jpgさっそっく生醤油うどん用の醤油をかけすぎないように用心しながら、食べると・・・
ちょっとわさびがきいた山芋とコシのある麺とのハーモニー。
つるつるつるっと一気にいけちゃいます。
これで150円とは、泣けてきます。
芋だから、あとで腹に来そうですが・・・(11/16)

2007 年 11 月 25 日 (日) | Category: 讃岐うどん修行 | Leave a comment

うどん修行の旅5 一軒目 池上復活!

udon5_002.jpgudon5_001.jpg
またまた、やって参りました。
讃岐は高松、もう飽きただろうとおっしゃる方もいらっしゃるとは思いますが、香川にうどん店は800軒あるそうで、まだまだ終わりそうにありません。
前回S級店舗10店を完食したため、今回は今まで行ったことがあるところへもかなり行きます。
まずは、一店舗目。
前回、行ったところ、店が引っ越して跡形もなかった池上ですが、延期に延期を重ねてやっとでオープンしたみたいなので、まずは行ってみることに。
なんと、空港のそばに引っ越してきたようで、飛行機でくると非常に来やすい。
開店とほぼ同時にお店に着いたら、もうならんでいます!
寒いので、うどんは釜揚げにすることに。
お店はすっかりきれいになっていて、以前の店のたたずまいは、まったくありません。
以前70円だったうどん小は、100円にあがっていましたが、さて・・・・
50円でタマゴをかけて釜玉にしたのですが・・・・
う、うまい!
これです、この味です!
もちもちとして、コシがあるこの麺!
やはり讃岐で三本の指にはいると思う。
大満足でした。(11/16)

2007 年 11 月 21 日 (水) | Category: おみせ | Leave a comment

ミシュランガイド東京2008

日本版が初お目見えということで、三ツ星レストランがどうだとか、世の中盛り上がっていますが、星がついているレストランはお値段もそれなりで、なかなか庶民がお気軽に・・・とは言えないお店が勢ぞろいのようですね。
リストをざっと見て行ったことがある店は数件でした。
でも、いつか行く日のために買っておきたい一冊ではあります。
どんなに高くても星がついてるレストランは当面混んでいて入れないんでしょうね・・・

2007 年 11 月 12 日 (月) | Category: くるま | Leave a comment

ムッシュ・ビバンダムのバッグ

昨日、富士スピードウエイに行ってた話しはまた書きたいと思っているのですが、そこのスーベニアショップで見かけたこちらのバッグが気になって衝動買いしそうになりました。
このキャラクターが結構好きなのはもちろんですが、バッグの口ががま口みたいにガバッと空いて、モノがたくさん入りそうです。
そのときもっていた一眼デジカメもすっぽり入りました。
3,990円というお値段もお手ごろで・・・
しかし、後で買おうと思ったら買うの忘れました。
まあ、その程度の思い入れということで、買わなくて吉。
しかし、ビバンダムってず~っとビバンタムだと思ってました。
検索で探してもぜんぜん出てこなくてビックリした。

2007 年 11 月 11 日 (日) | Category: くるま | Leave a comment

ルマン・ジャパン・クラシックへ行ってきました

lemans01.jpglemans02.jpglemans03.jpglemans_04.jpg
招待券をもらったので、富士スピードウエイまで、サーキットイベントを見に行きました。
F1の時は大渋滞したらしい道路も、このイベント時はがらがらです。
到着したのは昼少し前だったのですが、風が強くてとにかく寒い。
とても、長時間スタンド観戦なんてできない状態です。
おそらく年代別にカテゴリーが決まっていて予選と本選があったらしいのですが、けちってプログラムを買わなかったから、今何が走っているとか、どういうクルマがエントリーしているのかが全然わかりません。
お昼過ぎからは、ピットウオークがあって、名車たちに至近距離であえるのですが、この手のイベントは過去にも何回か体験しており、ちょっと盛り上がりません。
パレードランも、ちょっと寂しい感じで、早々に退散してしまいました。
やっぱりサーキットイベントは、自分で走らないとつまらないということがわかりました。
と言っても、走るクルマは今はなし・・・ですが。

2007 年 11 月 09 日 (金) | Category: おかいもの | Leave a comment

うどん箸を購入

YD003.jpg第五回うどん合宿を間近に控え、今回はマイ箸でうどんを攻略しようと言うことで、部員たちと銀座の箸専門店「夏野」に行ってきました。
じつは前から目をつけていた、うどん専用箸、ちょっと値段は張りますが思い切ってゲット!
今回はうどんをつかむのが楽しみになりそうです。
しかし、箸入れのいいのが、なかなか見つかりません。
布製は鞄に入れたときに折れそうだし、かといって箱形は結構高いのしかないし・・・
この大事なちょっと値の張るお箸を守ってくれれば、百均のでもいいんだけどなあ。

2007 年 11 月 08 日 (木) | Category: さけ | Leave a comment

幻の日本酒「田酒」

img10082545096.jpeg禁酒を始めて、はや8日目、アルコール抜きの生活にもだいぶ慣れて来た今日この頃ですが、その最中にこんな買い物をしてしまいました。
いつも買っている酒屋さんからのメールマガジンに6本限定でこのお酒の販売告知が出ていました。
その文章をみた1分後に販売開始です。
なんてタイミングだ!
これは何かの縁かも?勝手に思いこんだこの手は止めることができません。
ぽちっとな・・・・・
これを含めて3本以上の購入で、販売が成立と言うことで、4合瓶にしておけばいいのに、芋焼酎1升瓶をあと2本とともに・・・(これってもしかして抱き合わせ販売?)
まあ、どうせ飲んじゃうんでいですけど、今は禁酒中なので、お酒が来ても味わうことはできません。
来週以降のお楽しみと言うことで。
※こんな酒
「田酒」は清酒の原点に帰り、風格ある本物の清酒を造りだすことを念願とし、昔ながらの完全な手造りによる純米酒の醸造法で着手しました。
「田酒」という名前の由来は<田・稲・米>という連想に基づき昔ながらの米だけで醸しだされた酒を意味しています。
すっきりとしたキレの良さがありながら、ふくよかな味わいが広がる類まれなる酒質は、長年の衰えることのない人気が実証しています。

2007 年 11 月 01 日 (木) | Category: いろいろ | Leave a comment

禁酒するぞ!

mark.jpgしばらく禁酒をすることにきめました
こうやって、宣言しておかないとすぐくじけてしまうので、あえて公表です。
たぶんこれを読んだ後輩のM上が、止めてくれると思いますので・・・
それはさておき、なんと岡山には「禁酒会館」というものがあるそうです。
大正10年頃からあるもので、建物は国の指定文化財にもなっているそうなので、怪しい集まりではないらしい。
これは、禁酒期間中にお参りをしなくてはいけないか??