A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.


2009 年 04 月 22 日 (水) | Category: 北京旅行 | Leave a comment

やっぱり最後は故宮で締めです

sdsc_0144
最終日は、午後の新幹線で青島に戻るため、あまり時間がなかったのですが、やはり故宮には行っておかなくてはいけないでしょうということで、ホテルに荷物を預けて、地下鉄で行きました。
三連休の最終日ということで、9時前なのに人がいるわいるわ・・・
天安門の横の通路は狭くなっているのでなかなか人が流れません。
チケット売り場は、団体が主流なのでそんなに混んでいなかったのですが・・・

sdsc_0145
日本と違って、こちらでは団体の一員と言うことの証に防止をかぶります。
ベースボールキャップのようなものだったり、こちらのようなものだったり、赤だったり青だったり、オレンジだったり・・・
帽子のかぶり方もさまざまですが、こちらの方のように民族衣装風にかぶる人も極少数派ですがいるようです。
故宮に入るともうパニック状態です。
各宮殿には王座とか置いてあって写真が撮れるのですが、並ぶことを知らないこちらの人々は、我先にと正面に群がります。
その先には、金塊が落ちていたり、ほどこしでもやっているのかと思えば、ただ写真を撮るために争って前々へと進みます。
ここでもし大地震が起きたらと思うと空恐ろしくなるような光景でした。
そんなこんなで、最後に疲れが倍増しましたが、おおむね楽しい北京旅行でした。
新幹線乗車が6時間にもおよび腰痛が再発したのを除き・・・

2009 年 04 月 22 日 (水) | Category: 北京旅行 | Leave a comment

王府井小吃街

srimg0052
二日目の夜は、屋台街に行きました。
昼間の運転手に聞いたら、厳密には北京名物料理と言うのは北京ダック以外なくて、中国中のいろいろな料理が食べられるのが北京の特徴だということをきいて、それなら青島でも食べればいいなと思い、こちらに来たわけです。
小さい店がたくさんあって、麺類、焼き鳥等々売っています。
実は青島でもほぼ同じものが食べられて値段ももっと安いのですが、まあそんなことを言っていてもしょうがないので、こんなメニューを頼みました。
刀削面(麺)と羊と鳥の串焼き、ビール合計40元弱です。
ビールは地元産の燕京(ヤンジン)ビールです。

srimg0089
食べ終わった後、他の店を覗いたらこんなものもありました。
さそりの串焼き!
これ生きてますよ。
さされたら毒がまわるんでしょうか?
結構普通に頼むんでるひとが数人・・・
聞いてみたかったけど中国語わからなかった。
チャレンジする気にはなれなかったので、焼きとうもろこしを買って帰りました。
日本と違って、もっちりとした食感のとうもろこしは、夜食にしてはけっこうガッツりきました。

2009 年 04 月 21 日 (火) | Category: 北京旅行 | Leave a comment

オリンピックの鳥の巣

sdsc_0128
早め早めに行動したおかげで、ところどころ渋滞に引っかかりましたが、おおむね順調に行程をこなすことができました。
国慶節の時は、八達嶺へ行くのに片道6時間かかったそうです。
9時くらいに出発していたら、2~3時間くらいかかっていたかもしれません。
帰るときも逆方向はかなりの渋滞でした。
そんなこんなでミニトリップも最後の目的地北京オリンピック会場だった、通称「鳥の巣」を見に行きました。
こちらは中に入ると50元取られるのだそうですが、道端から見るだけで十分です。
見たっていうだけで十分満足できます。
途中で通りかかったオリンピック公園は、観光地になっているそうでそこから鳥の巣をとっている人もたくさんいます。
でもみんなやはり写真を撮るだけでした。

2009 年 04 月 21 日 (火) | Category: 北京旅行 | Leave a comment

地下宮殿に潜入!

sdsc_0104
つぎには民の十二稜のうちの定陵に行きました。
明時代の皇帝の墓がこの近辺に12個あるのだそうですが、見学できるようにいろいろ整備されているのはこちらだけで、一番メインとのこと。
さらに、地下宮殿も発掘されて公開されているそうで期待が膨らみます。

sdsc_0107
入場料は一人60元とかなり高め。
期待して入った地下宮殿は、特に資料が展示してあるわけでもなく、がら~んとしています。
なんか、あとから観光用に掘ったようにも見えたりして、期待はずれです。

2009 年 04 月 21 日 (火) | Category: 北京旅行 | Leave a comment

万里の長城

sdsc_0094
北京旅行二日目は、日本語の話せるドライバー付で車をチャーターしました。
ホテルへ7時に迎えに来るはずでしたが、間違えて7時過ぎに来たのはご愛嬌ですが、まあ順調に出発できました。
三連休中と言うことで、昨日の渋滞のひどさの話を聞きながら、八達嶺高速にのり、一路目的地を目指します。
ロープウエイ乗り場には8時30分くらいに到着。
早速乗り込みます。
意外とロープウエイはすいていますが、乗車賃が往復60元と高いこともあり、中国人観光客は歩いて登ることが多いそうです。
こちらは子連れと言うこともあり、迷わず利用。
歩いて登ると一時間以上かかるそうです。

sdsc_0076
乗ってしまうと10分くらいで一気に山頂近くまでいけます。
到着すると、人人人!
長城の見張りの塔のところは、通路が狭く待っているのですが、それごとに大渋滞が発生しています。
なんか、下のほうに売店みたいなものが見えたので、下りていってみました。
そうしたらそこは、リフト乗り場で、お茶でも飲もうと思ったらそんなものまったくありませんでした。
それでも、山の嶺に沿ってどこまでも続く頂上は圧巻でした。

sdsc_0092
しかし、帰るときに気がついたのですが、八達嶺というのは、こちらの嶺のことでこれを見るために、高いロープウエイに乗ってすぐそばまで行って登るんだそうです。
それを我々は降りてしまいました。
車窓からみて我慢。
いつもながら間抜けでした。

2009 年 04 月 15 日 (水) | Tags: , | Category: 北京旅行 | Leave a comment

元祖北京ダック屋

srimg0017
北京初日の夕食はやっぱり北京ダックでしょう!
本当はあっさり味で西洋人にも人気の高い大董(ダードン)と言う店に行きたかったのですが、ホテルの人に電話をしてもらったら予約でいっぱいだったので、初めて北京ダックを出した店として有名な「全聚徳」に行きました。
といっても、こちらも予約はとれなくて並びに行ったのですが、とにかく、人、人、人!
1階から5階まであるのですが、フロアごとにかなりの人数が待っています。
しかし、巨大な箱なので、意外と30分弱で順番が来ました。

srimg0011
ビールをたのんでしばらく待っていると、シェフがカートにダックを載せてやってきます。
大きな中華包丁を器用に使って(あたりまえですが)皮をはいでいきます。

srimg0012
アップにするとこんな感じ。
1羽は到底食べられないと思ったので、半羽にしました。
有名店なので高い!
90元もします。
それでも日本よりはだいぶ安いですが、大衆料理屋で頼むと1羽38元くらいからあるそうです。
いつでも丸々1羽もって来るようですが、残りの半分はどうするんでしょうか?

srimg0016
皮だけ(これがメイン)と皮と身がついているのと分けて皿に盛り付けてくれます。
まあ、濃厚な味!でも油っぽい。
とうろこしこの粉で焼いた皮にこの皮を載せて、味噌と葱を載せて食べますが、そうそう食べられるもんじゃないです。
あと悔しかったのは、オレンジジュースを頼んだんですが、1杯頼んだつもりが間違えて1ピッチャー頼んでしまったこと。
1杯って言った筈なのになあ・・・
最初量が多いねなんて喜んでいたのですが、伝票を見てみたらびっくり!
140元もしますよ。
ダックよりも高い。
仕方がないので、ビールを途中でやめて、家族三人でオレンジジュースを飲みながら食事をしました。
100%ジュースでおいしかったけどね。

2009 年 04 月 04 日 (土) | Category: 北京旅行 | Leave a comment

中国鉄道博物館って知らないでしょう?

sdsc_0007
空港から地下鉄一駅で降りたのは、博物館が多い北京でも、横綱級のマイナーさ、というか序の口級のメジャーさといったほうがいいのでしょうか?な、知る人ぞ知る「中国鉄道博物館」に行くためでした。
大宮の「鉄道博物館」は、非常ににぎわっているようですが、こちらは門をくぐると一直線の道路に人っ子一人いません。
春の日差しが結構じりじりと照りつける中。三人でとぼとぼ歩きます。
たまーに、車が追い越していきます。

sdsc_0008
門から入って10分くらい入ると見えてきました。
体育館みたいな建物が・・・
横に資料館のようなものがたっているのですが、ず~っと建設中のようです。
というよりも、なにもしていないようです。

sdsc_0030
入場料20元を払って中に入ると、ずら~っと並んだ機関車その数は・・・ちょっと数え切れないくらいです。

sdsc_0071
中国では有名なのでしょうか?
「毛沢東号」が誇らしげに飾られています。
なんと、日本製らしい。

sdsc_0057
機関車のほかに、客車も展示してありますが、中は荒れ放題!
これは、廃墟探訪ではありません。
列記とした、展示物です。
機関車も運転台には自由に入れるのですが、踏み台とか階段とかはついていないので、ロッククライミング状態です。
小さい子供なんて一人では到底上れません。
子供をおぶってはしごを登るのも命がけです。
でも、まあ結構楽しめる内容でした。

2009 年 04 月 04 日 (土) | Tags: , | Category: 北京旅行 | Leave a comment

新しくできた「AIRPORT EXPRESS」にのる

srimg0007srimg0005
空港からは従来バスかタクシーしかありませんでしたが、昨年オリンピックに向けて建設された地下鉄の空港線に乗ってみました。
従来の地下鉄がどこまでのっても2元なのに対して、こちらは、25元!
値段のせいか、お客さんは少なかったです。
車内はできたてと言うことで、非常にきれいで清潔です。
途中駅はひとつしかなく、ひたすら飛ばしていく感じです。
第1・2ターミナル駅から、途中駅三元橋まで乗りました。

2009 年 04 月 04 日 (土) | Category: 北京旅行 | Leave a comment

北京に行きます

srimg0001
4月4日から4月6日は、清明節といって、中国の祝日で3連休です。
ほんとうは、墓参りの祝日らしいのですが、旅行に出かける人も多いようで、飛行機も列車もお客さんがいっぱいです。
青島から北京までは、中国東方航空の飛行機で行きました。
乗ったら、1時間で到着。
あっという間です。